ためになるガラスのこと

ガラス修理の方法

トップイメージ

ガラス修理を考える

いくら細心の注意を払って暮らしていても、ふとしたことや、ちょっとした不注意がきっかけでガラスを傷つけてしまったということはあるでしょう。
部屋の窓ガラスや車のフロントガラスなど、ちょっと硬いものが当たってしまうだけでひびが入ったり、欠けてしまったりしてしまいます。また、ひどい場合は割れてしまうということもあります。
そんな時は、まず自分でできるガラス修理を行いましょう。もちろん、ガラスに入ったヒビや欠けの応急処置程度になりますので、割れてしまってバラバラに破片が砕け散ったガラスはガラス修理の専門業者へ依頼するのが得策と言えるでしょう。

さて、ガラスの処置ですが、まずは破片などで怪我をしないことです。一見軽度のダメージに見えても細かなガラスの破片が床へ散らばっている危険性も考えられますので裸足で近づくのは危険です。 そして、安全性確保のために専門的な道具があると良いと思います。
特にヒビが入って今にも崩れ落ちそうな窓ガラスなどを扱う時は厚手かつ、扱いやすい手袋などが好ましいでしょう。 ヒビが入ったガラスにはテープ類で割れ目にそって処置をするのが最も簡単で効果的でしょう。

また、カー用品として販売されている車のガラス用の接着剤などでも処置が可能です。

Copyright(C) ためになるガラスのことAll Rights Reserved.